営業時間

平日9:00~18:00 

土日はお休みです

お問い合わせ

TEL:0494-62-5846

お問合わせはこちらから

 

鍛鉄作品とその話

ノルウェーの共同モニュメント『Friendship Rings』

 世界を輪で繋ぐ『Friendship Rings』というモニュメントの依頼がノルウェーからありました。

 首都オスロから50kmに位置するSkotselvという町の公園に世界10カ国(ロシア2名、USA2名,イングランド2名、ウクライナ、イスラエル、イタリア2名、南アフリカ、スイス、ポーランド、日本)14名の鍛鉄工芸家の共同モニュメントで、幅が50mmで直径が650mm輪の中に各々のデザインで制作した作品が輪を形成すという事でした。

 送られて来た工芸家リストには友人でもあるイギリスのピートやクリス、南アフリカのポール、ポーランドのリチャルド、スイスのクリス、またドイツの鍛鉄雑誌で作品が紹介されていたロシアのAlexanderさん、そしてアメリカのAlbert Paleyさんの名前がありました。

 独学で鍛鉄技術を習得した私の先生はドイツやアメリカで出版された本でした。1976年に購入した本にAlbert Paleyさんと作品が紹介されていて、当時の私にとって『鉄でこんな事が出来るんだ!』と、唸らせた鍛鉄工芸家で、世界中で真に鍛鉄を志す人間にとって知らない人がいない人物です。

 そのあこがれの人と同じ輪の中で作品が並ぶ喜びは格別なものがあり、その中での作品づくりは、自分らしさを表現すべきと思い、風見鶏ならぬ風見リスを制作しました。